ありがとうは魔法のコトバ

美心学

前回の記事▷▷期待と怒りは比例する法則

 

今回はほぼ日記のようなブログ。

 

だけど日常のふとした瞬間にも

気付きや学びはたくさんあるので、

皆さんにもシェアしますね。

 

 

先日スーパーで買い物をした日のこと、

腰が90度に曲がったおばあさんが

わたしの目の前に並んでいました。

 

 

とてもお年を召した方で、

手押し車(?)を支えに

やっとこさ立っていられる様子。

 

(漫画じゃなくリアルにそこまで
腰の曲がった人を見たのは初めて!)

 

レジの人は

おばあさんを気遣うそぶりもなく、

淡々とお会計を促します。

 

 

おばあさんが何か伝えようと

小声で話しかけていましたが、

レジの人は全く気付いていません。

 

 

わたしは(大丈夫かな?)

と気にかけながらも、

その時は声をかけませんでした。

 

かさばった荷物を抱えながら

おばあさんはそのまま

足取り重く帰っていきました。

 

 

買い物を済ませ

スーパーの外に出てみると、

お店の前で先程のおばあさんが

何やらゴソゴソしています。

 

 

さすがに心配になり

「何かお手伝いしましょうか?」

と声を掛けたところ、

 

購入したブランケットの包装紙や

ハンガーを捨てて帰りたいとのこと。

家で1人でやるのは大変だから…と、

 

レジの人にも

このことを伝えたかったのでしょう。

 

 

ちょうどスーパーの目の前には

ゴミ箱が設置してあったので、

ササっと包装紙とハンガーを

取り外して差し上げると、

 

 

まるで窮地を救われたかのように

 

本当にありがとう!

とっても助かりました。

ご親切にありがとう。

 

と何度も頭を下げて

お礼を言ってくれたのです。

 

 

私からしたら、

こんなに小さなことなのに、

そこまで丁寧にお礼を言われる

なんて思ってもみなかったので、

 

なんだか照れくさくなってしまい、

とんでもないです!とだけ言って

すかさずその場を去りました。

 

 

おばあさんの

「ありがとう」という一言で、

わたしの心は幸せな気持ちと

感謝の念で満たされました。

 

 

感謝されたことに感謝する。

ってなんだか不思議だけど、

 

「ありがとう」という言葉は

言った方も言われた方も

心が温かくなる魔法のコトバ。

 

身近な人に言われることはあっても、

赤の他人に言われることは

あまりないかもしれません。

 

「ありがとう」と言われたとき

ものすごく照れくさくて

ものすごく恥ずかしかったけど、

 

声をかけて良かったなと、

自分が少し誇らしくなりました。

 

 

親切をされた方は

幸せを受け取っているけど

(余計なお節介は除いて。)

 

実は親切をしてあげた方も、

幸せを貰っていたりします。

 

 

人は与えることでも

喜びを感じられる生き物です。

 

 

それは物質的なもの以外でも

行動、言葉、想いなど

目に見えないものでも同じです。

 

 

金銭的に豊かな人ほど

与える機会が多いのではなく、

 

与えることが多い人ほど

心がどんどん豊かになって

金銭的にも豊かになっていく。

 

 

それは自然の摂理です。

 

 

自分に何かできることはないか、

だれに何を与えられるだろうか、

 

そんな視点で過ごしてみたら

昨日より充実した1日を

送ることができるでしょう。

 

いつも心に愛と余裕を。

あなたと周りの人々に笑顔を。

 

次回の記事▷▷あなたのキスを数えましょう

 

☆★☆SNSアカウント☆★☆

👇Follow me!全力で喜びます💕

Twitter:@yukaridon115

Instagram:@yukaridon115

Facebook:吉元 夕加里 アカウント

Letter pot📪:YOSHIMOTO YUKARI

👇いつもシェアありがとう

 

人気ブログランキングに参加中!
「今日も読んだよ!」の合図に
下の画像👇をクリックしてね✨