確かに「結婚は人生の墓場」だと思う

美心学

前回の記事▷▷あなたのキスを数えましょう

 

『結婚は人生の墓場だ』

と世間ではよく言われます。

 

なぜそのように言われるのか

本来の意味をご存知でしょうか。

 

 

実はこの言葉の語源は、

19世紀のフランスで梅毒

(当時は不治の病とされていた)

が流行していた現状をみて、

フランスの詩人である

シャルル・ボードレールが

 

自由な恋愛(ふしだらな恋愛)

はやめて身体を清め、

墓のある協会で結婚しましょう。

 

というメッセージを残したことが

元になっています。

 

つまり、

身を清めて唯一愛した人と

清らかな結婚をしましょう。

というポジティブなメッセージ

が由来となっているのです。

 

しかしどうしたことか

日本では誤った解釈のせいで

結婚することで自由が奪われ

まるで死んだも同然だ。

(だから結婚は人生の墓場)

 

というかなりネガティブな意味で

この表現が使われています。

 

 

なぜ結婚したら自由が

奪われてしまうと感じるのか。

 

それは独身の頃のように

身勝手なことができなくなる、

相手に対する責任を負わなければ

という気持ちが湧くからでしょう。

 

そもそも、

愛するパートナーと結ばれたなら、

結婚していなくても

同じように心得ておくべきですが。

関連記事:これだけは譲れない譲れない!結婚の3大条件

 

それでは、

結婚しても自由を奪われず、

幸せな関係性を続けていくには

どうしたらいいのか。

 

それはお互いを認め合うこと。

認め合うとは、

ありのままを受け入れる

ということです。

 

相手の行動や姿、思考や言動を

自分基準でジャッジするのではなく

ありのまま、そのままを認める。

 

 

あぁ、こんなところもあるんだな。

こんな風に感じるのか。

ここは自分と違うところだな…

というように。

 

 

もちろん他人を傷つけたり、

法を犯すような行動を

受け入れる必要はありません。

 

そんな人とは

今すぐ離れた方が身のためです。

 

 

長いあいだ共に過ごしていると、

嫌なことや気にくわないことも

たくさん出てきます。

 

 

しかしそんなときこそ、

相手を否定したり貶したり

ジャッジするのではなく

ありのままを受け入れる

心の柔軟性と余裕が必要です。

 

 

本当に愛しているなら

ありのままを受け入れる

寛容さをもつこと。

 

しかし、

ありのままを受け入れるとは

全てを我慢して飲み込む

ということではありません。

 

もちろん、

DVや浮気性、浪費ぐせなど

あなたの幸せを脅かすような相手と

苦痛に耐え気持ちを押し殺してまで

一生を共にする必要はありません。

 

そんな生活を我慢して得るものは、

ストレスと無駄に過ぎる時間だけ。

 

もしもあなたが

今まさにそのような状況ならば、

相手から離れることも

ひとつの選択肢だということに

気づきましょう。

関連記事:「彼にはわたしが必要」だから別れられずにいるあなたへ

 

それとは別に日常の些細なことに

苛立ちや不快感を感じ

ストレスを溜めてしまっている方。

 

まずは、

パートナーの何がそこまで

気に触るのか考えてみましょう。

 

大抵の場合は、

私の思うように動いてくれない、

私の気持ちを優先してくれない、

私のことなんて気にしていない、

わたし、ワタシ、私…

 

愛するわたしを大切にしないで

自分のことばかり優先している

だからイライラするし気に触る。

 

人は誰でも自分が1番大切です。

私だって自分が1番大好きです。

 

だからといって、

周りをコントロールしようとしたり

自分の思い通りにしようとするのは

大きな間違い。

 

自分自身をコントロール

することさえ難しいのに、

相手をコントロールしようと

必死になってもがくほど

無駄な時間はありません。

 

それならいっそのこと、

全てを受け入れてしまった方が

自分も楽だしストレスもなく

心穏やかに幸せに生活できます。

 

わたしは彼と14歳も離れていて

生まれた国も育った環境も

全てがまったく違いすぎて

付き合いたての頃は驚く事ばかり。

 

ジェネレーションギャップなのか

カルチャーショックなのか

単純に性格や感性が違うのか…

 

あまりにも違いが多すぎるため、

とりあえず批判やジャッジをする前に

全てを受け入れてみることにしました。

 

すると意外なことに、

自分の感性や世界観が広がって

彼以外の人に対しても

寛大な気持ちで接することが

出来るようになったのです。

 

こんなに素晴らしい副産物は

めったにありません。

 

もしもあなたがパートナーと

付き合いたての頃のように

ラブラブな生活を送りたい。

お互いを大切にしあいたい。

もっと穏やかに過ごしたい。

 

そう考えているならば、

否定やジャッジすることなく

受け入れる努力をしましょう。

 

そうすれば近い将来、

あなたは今までにないほど

幸せな結婚生活を送ることが

できるようになります。

 

 

いつも心に愛と余裕を。

あなたと周りの人々に笑顔を。

 

次回の記事▷▷「I LOVE YOU」と言ったつもりが「I LOVE ME」になった理由(ワケ)

 

☆★☆SNSアカウント☆★☆

👇Follow me!全力で喜びます💕

Twitter:@yukaridon115

Instagram:@yukaridon115

Facebook:吉元 夕加里 アカウント

Letter pot📪:YOSHIMOTO YUKARI

👇いつもシェアありがとう

 

人気ブログランキングに参加中!
「今日も読んだよ!」の合図に
下の画像👇をクリックしてね✨